木村カエラ レコチョクは、ユーザー投票による「感動のウエディングソングランキング」を行った。最も票を集めたのは、昨年に続き、木村カエラさん「Butterfly」。親友の結婚式のために書き下ろした楽曲で、2009年6月1日に配信限定シングルとしてリリースされた。
 「結婚式のときに会社の同期全員が歌ってくれました」(20代・女性)、「友人の結婚式でこの曲が流れていて、泣いてしまいました」(10代・男性)など、実際に結婚式のBGMや新婦に贈る歌として使用したとの意見が多く、結婚式の新定番曲と言えそうだ。
 2位は、コブクロ「シルエット」。2011年4月27日発売「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」のカップリングに収録されており、コブクロとしては2004年発表の「永遠にともに」以来約7年ぶりのウエディングソングとなっている。
 「女性目線で、将来結婚する時はこんな心境なのかなぁとウキウキします」(20代・女性)「結婚前の女性の心境を小渕さんが切なく歌うところが好きです」(30代・女性)など、新婦目線の歌詞に共感するとの声が多く寄せられた。
<感動のウエディングソングランキング2011>
 1位 :「Butterfly」木村カエラ (2009年) [→1位]
 2位 :「シルエット」コブクロ (2011年) [初登場]
 3位 :「One Love」嵐 (2008年) [↓2位]
 4位 :「たんぽぽ」遊助 (2009年) [↑5位]
 5位 :「永遠にともに」コブクロ (2004年) [↓3位]