et-20110612-02.jpg Hilcrhyme(ヒルクライム)の新曲「no one」着うた配信が8日から始まった。それに合わせて解禁された壮大なPVに話題が集まっている。
 Hilcrhymeの8thシングルのタイトル曲となる「no one」は、「『人は独り』だからこそ側にいる人を大切に思う」という、「人は結局一人だ」という事実を受け止めながらも、だからこそ近くにいる人を愛おしく思うという、極めて人間的な気持ちをメッセージとして詰め込んだ聴く人にやさしく寄り添ってくれる、Hilcrhymeらしい壮大なバラードナンバーだ。日本テレビ系「ハッピーMusic」6月オープニングテーマに決定するなど、すでに注目が集まっている。
 さらに話題となっているのが、そのPVだ。全編をLAで撮影されたという今作は、果てしなく広がる荒野の中で、一人立つTOCとグランドピアノを前に演奏するDJ KATSUが音楽と歌を紡ぎだすという、シンプルかつ壮大な仕上がり。新曲「no one」に込められた、孤独感を抱えながらも大きな愛を抱くという二つの相反する感情を、どこまでも続く大地で表現した自信作だ。
 このPVのオープニング映像は、現在オフィシャルサイトにて公開中である。