11051701-PUFFY デビュー15周年を迎えたPUFFYが14日に、全国ツアー「PUFFY TOUR 2011 “Time For ACTION”」のファイナルを迎えた。会場の日比谷野外大音楽堂はPUFFYの2人にとって、5年前(2006年5月13日)にデビュー10周年の記念ライブを行った想い出深い場所。しかも10周年のときはあいにくの雨、気温10度という季節外れの寒さの中でのライブとなり、いつか晴れた日に日比谷野音のライブでリベンジを果たしたいと誓った場所でもあった。
 天候に恵まれた今年は、誰もが知るデビュー曲「アジアの純真」で幕を開けた。前半から、彼女たちが全米のみならず世界中を席捲するきっかとなったアニメ「ハイ!ハイ!パフィー・アミユミ」のテーマソング「Hi Hi」や、この夏話題の映画&アニメ「うさぎドロップ」のダブル主題歌が決定している「SWEET DROPS」を8月17日のシングルリリースに先駆けて披露、新旧の楽曲を織り交ぜつつPUFFYならではのロック・スピリッツを次々に見せつけていく。
 「みなさんの執念のおかげで晴れました(笑)ありがとうございます!」(大貫亜美)、「昨日15周年を迎えました。まさか15年続くなんて思ってませんでした(笑)これからもよろしくお願いします!」(吉村由美)という彼女達らしいMCを挟み、中盤では、この日だけのシークレット・ゲストとして、スチャダラパーのANI、Boseが登場し最新アルバム「Thank You!」に収録の「Wake up, Make up with ANI・Bose(スチャダラパー)」を歌い、スペシャルな強力タッグに会場は熱く沸き返った。
 途中、まさかの通り雨が降りハラハラさせられたが、PUFFYの2人と会場を埋めた3000人のファンの願いが叶ったのか、すぐに雨も上がり、「渚にまつわるエトセトラ」から最新シングル曲「ハッピーバースデイ」まで一気に突っ走った約2時間のライブであった。アンコールのラストは「誰かが」で力強く飾り、10周年ライブのリベンジを果たす最高の夜となった。
 この5月14日に行われた「PUFFY TOUR 2011 “Time For ACTION”」ファイナルが6月21日夜7時15分からWOWOWで独占放送されることが決定した。
 7月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送予定のTVアニメ「うさぎドロップ」、そして8月20日より全国公開される、松山ケンイチ主演、香里奈、芦田愛菜共演の実写映画「うさぎドロップ」と、それぞれの主題歌に決定している新曲「SWEET DROPS」を8月17日にリリースするPUFFY。15周年のアニバーサリーイヤーの今後の活動にも期待が集まる。