et-20110515-02.jpg 坂本龍一オーディション番組の卒業生でもあるトベタ・バジュンを中心に、坂本門下生で構成されたグループが、東日本大震災の被災地支援として、“Artist Action「東日本大震災チャリティ・アルバム」”をiTunesでリリースした。
 このプロジェクトは、坂本龍一オーディション番組の卒業生でもあるトベタ・バジュンが、震災後にツイッターとブログで呼びかけたのがきっかけで発足。その呼びかけに応えた、全国の坂本龍一門下生を中心としたメンバーで完成させたのが、この「東日本大震災チャリティ・アルバム」だ。
 発起人であるトベタ・バジュンはもちろんのこと、海外からプリンスなどとの共演でも知られるイングリッド・シャヴェイズなど、一流のミュージック・クリエイターが、被災された方々のことを心から思い紡ぎあげた、合計37曲の美しい曲の数々が詰まった珠玉の一枚に仕上がった。
 被災地の方々はもちろんのこと、震災以降不安な気持ちを抱いている人が多くいる今の日本に、「美しい音で、ホッとした気持ちを少しでも取り戻してもらえることができれば」という想いがこめられている作品集だ。なお、このアルバムの収益金は、全て義援金として日本赤十字社を通じ、寄付される。
 アーティストらは「被災者のみなさま心よりお見舞い申し上げます。今、僕たちにできる事!と、アーティスト同士がつながり『Artist Action』として、まずは第一弾チャリティーアルバムを作り上げました。少しでも、被災者のみなさまの力になれたら幸いです」とコメントを寄せた。