ロンドンブーツ1号2号の田村淳(haderu)率いる、ビジュアル系ロックバンドのjealkb(ジュアルケービー)が12日、東京・赤坂BLITZでツアー東京公演を開催。結成5周年というメモリアルイヤーを華々しく飾った。
 ライブには、はるな愛やムックの逹瑯らが応援に駆けつけた。昨年2人が一時脱退し5人体制となって初めてのツアー。haderuは当時を「5人になったとき、正直辞めようと思った。だけどその時に達ちゃん(ムック逹瑯)が『続けたほうがいい』と言ってくれた。この励ましの言葉なかれば、僕らはこの舞台に立っていなかった」と感慨深げに話した。
 ジュアラー(ファン)らと激しいライブパフォーマンスを繰り広げ、全23曲を熱唱した幕を閉じた。