et-20110422-02.jpg 5オクターブを超える音域の絶対的な歌唱力そして、アロマキャンドルのような透明感とパワフルな歌声を兼ね備えた超実力派シンガー恵莉花さん。歌唱力が注目を浴び、メジャーデビュー前にも関わらず、Spontania、超新星といったメジャーアーティストの作品に「EЯY」名義でゲスト参加しその癒しの歌声で話題をさらった恵莉花さんが4月6日、着うた「a love story ~不器用な恋心~」の配信をスタートし、レコチョククラブうたで連日の1位を記録。週間チャートでも堂々の1位を記録した。
 そして4月20日、SPITZ(スピッツ)のあの名曲をモチーフにした「Be With You~空も飛べるはず~」をいよいよ配信。この楽曲はCAN3月度問い合わせランキング8位、有線4月12日付リクエストチャート3位に輝く話題の曲。
 この曲も前作に続き、新しい形のカバーソング「リバーシブルカバー」。原曲をそのままカバーするのではなく、フレーズ・メロディーを生かしながら歌詞を恵莉花さんらしい女性ののスタンスで書き換えたもの。リバーシブルジャケットのようにシルエットは同じながらも自分色に裏返したカバーソング、リバーシブルカバーである。こういった試みは近年では恵莉花さんが初である。
 音楽評論家の富澤一誠氏は「カバーであるにもかかわらず、自分が歌うからには自分の想いを自分の言葉で伝えたいという彼女のポリシーが、おそらく自分で詞を書くというチャレンジをさせたのだろう。そんなことを考えると、この曲はスピッツのカバー曲であると同時に、恵莉花のオリジナルでもあるのだ。カバー曲であり、裏返してみればオリジナル曲でもある「Be With You~空も飛べるはず~」を“リバーシブル・カバー”と私は命名したい」と絶賛している。