et-20110422-01.jpg 5月11日発売の福原美穂のニューEP「The Soul Extreme EP」のリードトラックでAIとのコラボレーションが実現した「O2 featuring AI」の着うた先行配信が始まった。
 「O2 featuring AI」は、多くのファンが待ち望んでいた、福原とAIという日本を代表するソウル・ディーバの夢の共演が実現した一曲。彼女たちによる怒涛の掛け合いは必聴だろう。この「O2 featuring AI」は、関西テレビ、フジテレビ系「グータンヌーボ」新テーマソングに決定してお り現在OAされているが、既に問い合わせが殺到しているという。
 この曲での競演について、二人からコメントが到着した。
 福原美穂 この曲を最初に聴いた時、『1人で歌うよりも、女性シンガーとの掛け合いで歌いたい』って思って、すぐにAIさんのことが閃いて、オファーさせて頂きました!レコーディン グは『絶対にいい歌を録ろう!!』って2人で意気込んで挑んだんですけど、AIさんと一緒に歌うことでパワーが注入されて、曲がグッとワイドになるのがわかるんです。無我夢中すぎてまるでライオンとクマみたいな2animalでした(笑)。もの凄い迫力のある歌を完成させることができたと思っています!
 AIさん 今回、声をかけてもらって、“この曲で、美穂ちゃん、攻めていくんだな”って思った。2人で相当気合入れてレコーディングして感じたんだけど、この人、本当にハンパない!こんなにヤバい声の持ち主に、久しぶりに会いました。一緒に歌えて心から嬉しかった。またやりたいです!
 「The Soul Extreme EP」は、タイトルの如く彼女のルーツを 全面に出したソウル・アルバム。そして、2曲目の「STARLIGHT」は前作「Regrets of Love」 に収録された「Forget」で共に制作したLA在住のP!NKのプロデューサー、ジミー・ハリーと の2回目のコラボレーション楽曲。 ジミーの曲に人間の永遠のテーマを題材に福原 美穂が詞をのせた壮大な楽曲に仕上がっており、こちらは4月29日に公開されるアニメ映画「鬼神伝」の主題歌 となっている。このほかにも、ジャミ ロクワイの「Virtual Insanity」、スティービー・ワンダーの「LATELY」のカバーも収録されており、まさに福原美穂の原点が凝縮された一枚だ。
 初回限定盤には昨年12月24日に行われた「Live in Music vol.1」のライブ音源を収めたDISC2も同梱される。