et-20110422-01.jpg 今年デビュー25周年を迎えた徳永英明さん(50)が快進撃を続けている。1月19日発売の第1弾シングル「春の雪」でオリコンチャート初登場7位を獲得すると、4月13日発売の第2弾シングル「黄昏を止めて」は同チャート初登場8位にランクインした。今月26日にはベストアルバム「VOCALIST&BALLADE BEST」を発売するが、同アルバムが世界25カ国で配信リリースされることが決まった。
 今回のベスト盤の世界リリースは、東日本大震災の被災者に勇気を与えたい、そして今回、手を差し伸べてくれた海外の人々へ、日本が元気に立ち上がっていくんだ、というメッセージを届けたいという想いから決定した。実は、徳永さんは、震災発生から人間として、アーティストとして力になれないか考え、個人として1000万円を義援金として寄付、そして衣類など支援物資を被災地に送っていた。
 徳永さんは「今回、東日本大震災がおこってから一生懸命生きたい、歌いたいとより強く思うようになりました。また世界各国から日本に手が差し伸べられている状況の中『日本は大丈夫なんだ』ということを我々は伝えていかねばなりません。そんな中2005年から『世界へ翔ぶ』を目標に歌ってきた私と致しましては世界での発売が決まりさらに気を引き締めて日本の一代表として世界に歌を届けたいと思います」とコメントしている。
 リリースされる国は、英国・ドイツ・フランス・イタリア・スペイン・オランダ・ポルトガル・スイス・スウェーデン・ノルウェー・デンマーク・ベルギー・オーストリア・フィンランド・ギリシャ・アイルランド、ルクセンブルグ、香港・韓国・シンガポール・タイ・マレーシア・オーストラリア・ニュージーランド、そして日本である。5月に配信開始を予定だ。
 また、米国など、その他の国も現在調整中でさらに増える予定で、日本を代表するボーカリストとして世界へ勇気を届ける。