第52回日本レコード大賞の最終審査が30日、新国立劇場で行われ、最高位となる大賞にEXILEが選ばれ、3連覇を果した。悲願の連覇を成し遂げたリーダーのHIROさんは「沢山の方々に支えられて3年連続の受賞を果すことが出来ました」。ボーカルのTAKAHIROさんは「これから感謝の気持ちを忘れずに頑張りたい」。ATSUSHIさんは「EXILEの一員でいられることを大変嬉しく思います」と喜びのコメントを寄せた。
 今回、大賞候補となる優秀作品賞には、AAA(逢いたい理由)、いきものがかり(ありがとう)、BIGBANG(Tell Me Goodbye)、植村花菜(トイレの神様)、氷川きよしさん(虹色のバイヨン)、w-inds.(New World)、AKB48(Beginner)、水森かおりさん(松島紀行)、GIRL NEXT DOOR(Ready to be a lady)が選ばれていた。