et-20101221-01.jpg SPEEDの今井絵理子(27)が18日に、東京・渋谷DUOでソロライブを開催した。ソロアルバム「うたごえ」発売後、SPEEDでの出演、活動はあったもののソロ活動としては久しぶりのライブ。アンコールを含め17曲を熱唱した。

 今回のライブ構成の軸となったのは、歌ってほしい曲のリクエストをファンに募りカウントダウン形式でトップ10から発表、歌唱していく内容。オープニング曲を飾ったのが「RED BEAT OF MY LIFE」。ソロ活動としての自身デビュー曲であるが、トップ10に入らなかったのが「悔しかった。。。」と言う事で選曲したという。

 10位「ココロノウタ」、9位「in the name of love」、8位「ハナウタ」、7位「...&smile」、6位「Butterfly」とカウントダウン。それぞれの曲への思い入れや思い出などをMCで丁寧に語っていた。

 また発売日、曲タイトルが未定という新曲も披露。その場で会場のファンによりコーラスを合唱してもらい、音声を録音。その模様を新曲に組み込み、今後新曲として発売を迎える予定だという。また曲タイトルも募集すると宣言していた。

 5位「Identity」、4位「ゆりかご」、3位「冷たくしないで」、2位「Everyday be with you」。そして見事1位となった曲が2000年8月2日に発売したEriko with Crunch名義での「Luv is Magic」。そこにスペシャルゲストとしてCrunchも特別出演し、パフォーマンスに会場は大盛り上がり。

 またアンコールでは「Can U feel me ?」、「雪空Letter」(2部アンコールの冒頭に歌唱)、「We can go」、「place in the sun」、「おうちへ帰ろう」と歌唱。ライブ終了後には来場者全員と握手会も開催。一人ひとりに「ありがとう」を伝えていた。