et-20101220-03.jpg R&B歌手の真崎ゆかさんが17日、東京・渋谷のVUENOSで行われたイベントに出演。トップスに「MURUA」の黒いビキニの水着、それにレザージャケットだけを羽織るというセクシーな衣装で登場し、そのスタイルでも観客たちを虜にした。
 メジャーデビュー後初のライブ出演となった真崎さんは「今日は記念すべき日に来ていただいてありがとうございました」と挨拶。4人のダンサーを引き連れて、1曲目からパワフルなダンスを披露し、メジャーデビュー後初のライブとは思えない堂々たるパフォーマンスを見せていた。
 この日のライブでは、メジャーデビュー曲「LOVE SONG」を含む計5曲を披露。パワフルなダンスナンバーから、切ないバラードまで、多彩なセットリストを見事に歌い上げ、その伸びやかかつパワフルな歌声で、オーディエンスたちを魅了した。
 人気アパレルのビジュアルプレスとして活躍する一方、これまで歌やダンスレッスンを地道に重ね、デビューにまで至った真崎さんは「自分はなかなか思っていることを言葉に出来ないタイプ。そんな私の表現の一つが歌です。泣きたいときとかの心の拠りどころになるような歌を歌える、そんな皆さんにとって身近なアーティストになりたいです」と、素直な心情を吐露。「まだまだスタート地点に立ったばっかり。これからもっともっと頑張って行きたいです」と、意気込みを見せていた。
 現在、着うたフル配信中の「Everlasting Love feat.房川ヒロ」は「ハカナイLOVE STORY」3部作の2曲目。渋谷の女性300人を対象に行ったモニターアンケートkurukoreランキングで堂々の1位を獲得した人気曲。