et-20101218-01.jpg
今年最も多い再生数を記録したAKB48「ポニーテールとシュシュ」。写真はユーチューブ内の動画ページ
 動画投稿サイトのユーチューブでは、今年最も再生される数が多かったミュージックビデオを発表。大胆な水着姿を披露するなどで話題を集めたAKB48「ポニーテールとシュシュ」が、再生数1045万5281回(12月18日現在)を記録し1位を獲得した。

 また、急上昇した動画検索キーワードの各月の1位も発表され、1月は「涙」(FUNKY MONKEY BABYS)で、以降、2月「オリンピック」、3月「北乃きい」、4月「BUMP OF CHICKEN」、5月「ヒルクライム」、6月「ワールドカップ」、7月「倖田來未」、8月「Perfume」、9月「君に届け」、10月「Gee」、11月「海上保安庁」と続いた。