fet-20101214-01.jpg 所属事務所との契約問題で解散危機説まで浮上した東方神起。休止から半年以上が経ち、ユンホとチャンミンの2人によるユニットとしてようやく活動再開が決まった。その復帰第1弾作品となる新曲が来年1月26日に発売されることとなったが、大手レコード店などでは既に予約が殺到し、ランキング1位を獲得している。

 今回の騒動の結果、ジュンス、ユチョン、ジェジュンは独自でユニット「JYJ」を結成し、実質、東方神起から離れる格好となった。5人での活動再開を希望していたファンにとっては今回の騒動で嫌気を差したかに見えたが、待望の新曲は、主要ショッピングサイトの予約ランキングで軒並み1位を獲得。大手レコード店であるHMVオンラインで1位、同じくタワーレコードでは2位を獲得。またオンラインショップ大手のAmazon.co.jpにおいても1位を記録し、その人気ぶりを見せ付けている。

 同曲は、来年1月11日スタートの仲間由紀恵主演ドラマ「美しい隣人」(フジテレビ系、毎週火曜日よる10時)の主題歌に決定している。東方神起にとっては意外にも、民放ゴールデンのドラマ主題歌を担当するの今回が初めて。メンバーの2人は「パワフルなダンスパフォーマンスが楽しめるナンバーです。歌詞の内容も男らしいタフな感じと良く合うので期待してください」と話し、久々の新曲に自信をのぞかせている。