et-20101213-03.jpg 先月10日にコラボレーションベストアルバム「LUV~collabo BEST~」をリリースした女性歌手のJAMOSA(ジャモーサ)が12月10日、東京・渋谷の「duo music exchange」でリリースパーティを行い、新曲「何かひとつ feat. JAY’ED&若旦那」が来年1月12日スタートの日本テレビ系新ドラマ「美咲ナンバーワン!!」(主演・香里奈さん)の主題歌に決定したことを発表した。
 彼女にとっては初の連続ドラマ主題歌。この日は、若旦那さん、JAY’EDさんをはじめ、leccaさんやMIHORO~マイロ~さんが掛け付け、ドラマ主題歌を初披露するなど、会場を大いに盛り上げた。
 今回ドラマ主題歌に決まった同曲は、若旦那さんが作詞・作曲・プロデュースを手掛けた楽曲で「何かひとつ」大事にして夢や希望に向かって生きていこうという躍動感あふれるメッセージソング。
 JAMOSAさんは新曲について「人生初のドラマのタイアップとして、JAMOの曲が使われるなんて夢のようです。この曲の歌詞のように、誰だって『何かひとつ』夢中になれるものがあると思います。マジ歌い続けて来て良かった。レゲエ界のKING若旦那とR&B界のプリンスJAY’EDとの意外な3人のハーモニーも必聴ですよ」と話した。
 また、プロデューサーを務めた若旦那さんは「プロデューサーとして、勉強になり、自分へのチャレンジでした。本当にいい曲になったので、1つの自分の歴史に名を刻んだ作品になったと思います」と語った。
 ドラマ「美咲ナンバーワン!!」は、香里奈さん演じる美咲が六本木ナンバーワンキャバクラ嬢の名を捨てて、高校教師として持ち前のまっすぐなパワーであらゆる問題に立ち向かっていく学園ストーリー。プロデューサーは「主人公の美咲がドラマから放つ言葉を後押ししてくれるような、躍動感あふれる主題歌をお願いしました。パワフルでメッセージ性があり、ドラマの描くテーマとぴったりな曲です」と主題歌を高評価している。