et-20101213-01.jpg 年内をもってソロ活動を休止し、来年からはアイドルグループとして活動を始める女性歌手のプー・ルイ(20)が3日、ソロとしては最後となる単独公演を東京・渋谷のライブハウス「Star lounge(スターラウンジ)」で行った。
 この日は最後のライブを見届けようと150人を超える観客が詰め掛けた。プー・ルイから来年から主体となるグループ名「BiS」が発表され、初めてメンバー4人揃ってその姿をお披露目した。
 グループ名の「BiS」は、Brand-new idol Societyの略で、日本語では「新生アイドル研究会」と称するという。プー・ルイは「アイドルグループになりたくてアイドルのことを研究していくアイドルグループです。未熟ですが、アイドルのことをいっぱい研究してちゃんとしたアイドルになります」と意気込みを語った。
 メンバー各自の役割や抱負については、ツッコミ担当のナカヤマ・ユキコ(愛称・ユケちゃん)は「ミリオンセラー!」、ボケ担当のヨコヤマ・リナ(りぃちゃん)は「武道館に行きます!」、マイペース担当のヒラノ・ノゾミ(のんちゃん)「打倒AKB!」とそれぞれ語った。なお、プー・ルイは、ヨゴレ担当のリーダーで愛称はプーちゃん。
 また、プー・ルイのソロ活動最後の楽曲となるSpank Happyのカバー楽曲「エレガントの怪物」も初めて披露され、12月15日に音楽情報配信サイトototoyにて先行配信、12月22日から一斉配信となることが発表された。
 プー・ルイは2009年にデビュー。“ニューエイジロックアイコン”として活動を進め、デビュー作品「限られた時間の中で☆」は、第4回レコチョク新人杯で最終ノミネートされている。また今年発売されたミニアルバム「みんなのプー・ルイ」では、6月20日付タワーレコードオンライン予約デイリーチャートで1位、同月24日付同オンラインセールスで1位を獲得している。