et-20101212-06.jpg 作曲家の中塚武さんが主宰するレーベル「Delicatessen Recordings(デリカテッセン レコーディングス)」が初めて手掛けたコンピレーションアルバム「歌うピアノ男子」が8日に、リリースされた。同アルバムには、さかいゆうさんなど、次世代ピアノ・シンガーソングライターが参加した。収録内容は次の通り。
 <01>さかいゆう/How Beautiful (with PIANO)、<02>渡 watary/a song of true hearts、<03>川口大輔/Memory Lane、<04>中塚武/キミの笑顔(新曲)、<05>ミトカツユキ/コモレビノウタ、<06>古瀬智志/Somebody's Ballad(新曲)、<07>i-dep/DAY BY DAY、<08>中塚武/涙に濡れた夢のかけら(新曲)、<09>矢舟テツロー/バールに灯ともる頃、<10>森大輔/マテンロウ。
 また、12月10日発売のキーボードマガジンで、中塚武さんと川口大輔さんによるピアノ男子対談が掲載。付録CDには、二人のピアノ奏法のトレーニング・フレーズを譜面、デモ音源付きで紹介されている。