et-20101201.jpg 歌手の徳永英明さんが11月28日、東京国際フォーラムで、47公演にも及ぶ全国ツアー「HIDEAKI TOKUNAGA CONCERT TOUR 2010 VOCALIST & SONGS 2」のファイナル公演を行った。
 歌手の徳永英明さんが11月28日、東京国際フォーラムで、47公演にも及ぶ全国ツアー「HIDEAKI TOKUNAGA CONCERT TOUR 2010 VOCALIST & SONGS 2」のファイナル公演を行った。
 今回のツアーは5月29日・川口リリアホールを皮切りに全47公演で15万人を動員、チケットは全公演完全ソールドアウトを記録した。この日も東京国際フォーラムホールAに超満員5000人を集めて行われた。
 コンサートは1曲目「翳りゆく部屋」から「誰よりも好きなのに」「First Love」「セーラー服と機関銃」と、4月にリリースしオリコンアルバムチャート4週連続1位、60万枚を越える売上を誇る最新アルバム『VOCALIST 4』の収録曲を立て続けに披露。MCでは「終わりは始まりの日だと思います。今日から25周年に向かって進んでいきます。本当にここまで来れて皆さんに感謝しています」と語り、会場は拍手の渦となった。
 その後もアルバム『VOCALIST』から「時代」、『VOCALIST 4』から「時の流れに身をまかせ」「月光」などの大ヒットカバー曲と「レイニーブルー」「最後の言い訳」などオリジナルの大ヒット曲を、時に繊細に、時にパワフルに、唯一無二の歌声で歌い上げ超満員の観客を魅了した。
 本編ラストは徳永さんの代名詞ともいえる名曲「壊れかけのRadio」を観客全員と高らかに歌い、会場中を大きな感動が包み込んだ。
 アンコールではファイナル公演ならではのサプライズが用意されていた。徳永さんは「ちょっと早いですが、僕からのクリスマスプレゼントです!デビューして初めて、勇気を持ってギターの弾き語りを披露します」と述べ、来年デビュー25周年のメモリアルイヤーの第一弾としてリリースされるニューシングル「春の雪」を初披露した。この「春の雪」は来年1月5日からスタートする東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ「さくら心中」の主題歌となっている.
 その後も大ヒット曲「夢を信じて」、徳永が歌手を志すキッカケとなった和田アキ子さんの名曲「あの鐘を鳴らすのはあなた」などを披露しコンサートは終了。ラストは徳永さんとバンドメンバー、そして5000人のファン全員で恒例の一本締めで締めくくり、感動の一夜は幕を閉じた。
 なお、この日のコンサートは来年1月2日午後4時からWOWOWにてオンエアされることも決定している。