et-20111127-01.jpg 今月3日に5年ぶりとなるアルバム「ロック・ダスト・ライト・スター」(移籍第1弾)をリリースした、英ロックバンドのジャミロクワイ(Jamiroquai)が来日し、24日に、東京・新宿で開催された「AZUL by moussy」のオープニングレセプションにシークレットゲストとして登場、日本では初のストリートライブを行った。
 この日、会場となったのはバロックジャパンリミテッドが展開するジーニングカジュアルブランド「AZUL by moussy」の国内最大級の旗艦店。冨永愛さんや土屋アンナさんなど、豪華モデル達がブラックカーペットを通って会場に集うという、その華々しいオープニングレセプションのメインイベントとなったのが、ジャミロクワイのストリートライブだ。
 ライブは、ジャミロクワイにとって日本では初のストリートライブとなった。ストリートにも関らずの総勢8名によるフルセットの生バンドスタイルを、新宿駅に程近い路上に組まれた特設ステージで披露。ステージ周辺には瞬く間に人垣が出来上がり、一時通行の支障をきたす程だった。
 ボーカルのジェイ・ケイさんは「日本に戻って来れて嬉しいよ、ありがとう」とコメント。ニューアルバムから表題曲「ロック・ダスト・ライト・スター」、シングル曲「ホワイト・ナックル・ライド」の2曲を披露し、突然の豪華アーティストのサプライズライブに居合わせた通行人も次々と足を止め、その幸運な偶然に喜びの声を上げていた。ジャミロクワイは23日にオーストラリアより来日し、2日間のプロモーションの後、26日にイギリスに帰国する。
 3日に発売されたアルバム「ロック・ダスト・ライト・スター」は、ユニバーサル移籍第一弾となる約5年ぶりのニューアルバム。自身7作目となるこのアルバムは、全世界において2500万枚のセールス、20曲のシングルヒットを誇るジャミロクワイが、徹底的にライブサウンドにこだわった一枚だ。なお、このアルバムに収録されている「ホワイト・ナックル・ライド」そして「ブルー・スカイズ」の着うた・着うたフルが配信スタートとなっている。