et-20101124-04.jpg 先行発売されたEP盤がアイチューンズのヒップホップ・ラップチャートで首位独創しながらも、DJ Deckstreamがプロデュースしているということ以外は全く情報が公開されず、先月27日に、IcekreamCastleより、アルバム「ICEKREAM SOUNDZ Vol.1」をリリースしたDJ Deckstream presents ICEKREAM。その正体を巡ってシーンでは話題となっていたこのプロジェクトが、今月19日に開催された六本木VANITY LOUNGEでのイベント「Hennessy artistry CLUB SESSION curated by VERBAL」に出演し、公の場でその姿をあらわにした。
 m-flo、TERIYAKI BOYZ(R)等の活動で知られるVERBALがキュ レーターを務めたこのイベントは、事前より多くの人気DJや注目アーティストの出演がインフォメーションされていたが、DJ Deckstream presents ICEKREAMの出演に関しての告知は無かった。
 もともとDJとして出演が予定されていたDJ Deckstreamがそのプレイ終盤に前述の先行EP「Good Lovin'」をスピン。その瞬間、ステージにやはりライブ出演が告知されていたヒップホッ プ・ユニットのIyse(アイス)が合流し、そのまま「Good Lovin’」をパフォームした。
 女性ボーカルのMinamiは「私達がI-YーSーE、Iyseです。そして、彼が DJ Deckstream。ICEKREAMはシークレットのプロジェクトだったけど、正解は『Iyse+Deckstream=ICEKREAM』でした」と高らかに宣言し、その真相を初めて明らかにした。
 その後、アルバム収録曲「Fast Lane」と「Stand Up」を演奏し、最後にVERBALプロデュースによるIyse自身のオリジナル曲を披露しライブの幕を下ろした。次回のライブの開催は現状では予定はなく、このサプライズが一夜限りのプレミアムライブとなった。
 今後の更なる動向が注目されるDJ Deckstream presents ICEKREAMだが、2011年はIyseメンバーの活動も本格始動するという。メンバーのMinamiは、既にソングライティングやフィーチャリング等でVERBAL関連作に参加する等、クリエイターとしての活動にも意欲的である。また「ICEKREAM SOUNDZ Vol.1」に収録されていたリミックスを手掛けていたT’z Beatzも、IyseのMC、Staxx Tだということが判明。
 そんなクリエイティブ集団である彼等は、早くもICEKREAMに続く 新プロジェクトを計画中であるという。2011年にはまた新たなサプライズでリスナーを驚かせてくれるのではないだろうか。ようやくICEKREAMの真相を明らかにしたDJ Deckstreamだが、17日にリリースしたRhaze等の他のプロジェクトも進行予定。
 いつかまた突然「ICEKREAM SOUNDZ Vol.2」が届く日を待つとして、ICEKREAMの半分であるIyse一派、何を仕掛けてくるのか今後の展開にも注目が集まる。