et-20101120-03.jpg ファレル・ウィリアムスのトータル・プロデュースにより、世界23カ国同時配信デビューが話題となった本格派シンガー、Manamiの配信限定シングル「遠い記憶」の着うたの配信がスタート。それに合わせて、イメージソングとして採用された2011年の正月映画「武士の家計簿」とManamiのコラボレーション特設サイトも開設された。
 前作となった2ndシングル「Miss Little Voice」ではオーディションというシンデレラストーリーに決別するかの勢いをもって、全国各地のCLUB、ホールまでのライブ、およそ2カ月にわたる怒濤の本人稼働プロモーションを敢行。リアルなアーティスト像とその楽曲を伝えるべく全国を縦断し、各地での評判や、手応えなどを感じながら、成長続けるManamiの最新作「遠い記憶」は、映画「失楽園」はじめ多くの劇版を手がける大島ミチルさんによる作曲のメインテーマ曲にManamiが歌詞を加え完成した、温かくも透き通る珠玉の名作。劇中の家族の絆、両親の思い出を成長した子供の視点から描き、親から子、子から孫へと連なる家族の歴史を感じさせる歌詞に仕上がっている。
 この話題の曲の着うたが配信スタート。また、着うたフルは24日より、PCでは12月1日から配信が開始される。また、この配信スタートに合わせて、現在、映画「武士の家計簿」×Manamiの特設サイトがオープン中。この特設サイトでは、劇中ではインストロメンタルとして使用されている「遠い記憶」の歌唱バージョンが試聴可能である。