【ニューヨーク16日PRN=共同JBN】グローバルなビューティー企業大手のコティは16日、国際的で多様な活動を行っているアーティストのレディー・ガガと彼女の初めてとなる名入りフレグランスを開発、販売するために契約したと正式に発表した。
 レディー・ガガは、世界で1300万枚以上のアルバムと5200万枚以上のシングルを売り上げており、現在最も影響力のあるセレブで力のあるミュージシャンの一人である。彼女はコティのセレブとの提携によるポートフォリオに生き生きと加わる最も新しいアーティストになる。並外れた人物として知られるレディー・ガガのフレグランスは、彼女の音楽、ビデオ、ファッション、アートが結びついてシームレスな延長になるだろう。
 このフレグランスの創作によって、世界的規模の彼女のファンとレディー・ガガは密接に結びつくことになる。コティのバーンド・ビーツ最高経営責任者(CEO)は「レディー・ガガのユニバーサルなアピールによって、みなが彼女の魅力のとりこになるだろう。レディー・ガガの他にないフォースは強烈で、挑発的でセクシーという3拍子そろっており、未だかつてないようなフレグランス体験を顧客に提供することになる」と断言する。
 ビーツCEOはさらに「コティはセレブの香水で世界のリーダーとして認められている。セレブの香水についてコティがリーダーシップを握っているのは議論の余地がない。コティ・ファミリーにレディー・ガガを喜んで迎え、人々がさまざまでユニークな方法で美を体験できるよう限界を突破したいと考えている」と述べている。
 まだ命名されていないフレグランス・ラインは、2012年春に発表される予定。このフレグランスは、クリエイティブ・ディレクターを務めるレディー・ガガおよび彼女のハウス・オブ・ガガ・チームとの緊密なコラボレーションでコティのビューティー部門が担当することになる。
 コティ・ビューティーのスティーブ・モーモリス上級副社長(グローバルマーケティング担当)は「レディー・ガガのフレグランスに関するマーケティングは前例のない画期的なものになるだろう。われわれはレディー・ガガの輝きを引き出し、レディー・ガガの全体的な芸術的感覚の一部としての画期的な嗅覚体験と永遠で恒久的な容器デザインを持つフレグランスにするため作業を進めている」と語った。
 このフレグランスのマーケティング計画は現在開発中である。
 フレグランス発売が近づくにつれてさらに情報を公開する。今回の提携に関する金額は発表されていない。
 ▽コティ社(Coty Inc.)について
 コティは1904年、現代フレグランス産業の創始者といわれるフランソワ・コティ氏によってパリに創設された。コティ社は今日、40億ドル近い年間純売上高を持ち、世界ビューティー業界のリーダーとみなされている。コティ社は起業家精神、情熱、革新性、創造性を糧にして、著名ブランドとしての無類なポートフォリオを開発し、世界90カ国の消費者に革新的な製品を提供している。
 コティ・プレスティージのブランド・ポートフォリオは一流・超一流店で販売されている。ポートフォリオの一部は次の通り。バレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタ、カルバンクライン、チェルッティ、クロエ、ショパール、ダビドフ、ホーム・スキン・ラボ、ジェニファー・ロペス、ジル・サンダー、 ジョープ!、カール・ラガーフェルド、ケネス・コール、L.A.M.B.フレグランス・バイ・グウェン・ステファニー、ラボーチェ・バイ・ルネ・フレミング、ランカスター、マーク・ジェイコブス、ニコス、サラ・ジェシカ・パーカー、ヴェラ・ウォン、ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)、ウォルフガング・ジョープ。
 コティ・ビューティーのブランド・ポートフォリオはさらに広く流通していて、アディダス、アスター、べビー・ファット、ビヨンセ・ノウルズ、セリーヌ・ディオン、チュッパチャプス、デビッド&ビクトリア・ベッカム、エスプリ、エクスクラメーション、フェイス・ヒル、ゲス、ハル・ベリー、ジョーバン、ケイト・モス、カイリー・ミノーグ、ラクロス、ミス・シクスティ、ミススポーティ、N.Y.C.ニューヨーク・カラー、ピエール・カルダン(注)、プレーボーイ、リンメル、サリー・ハンセン、シャナイア・トゥエイン、ステットソン、ティム・マグロー、トニノ・ランボルギーニが含まれる。
 コティとプッチ・ファッション&ビューティーS.A.は、米国とカナダでニナ・リッチ、キャロライナ・ヘレラ、プラダ、パコラバンヌ、アントニオ・バンデラスの香水ラインを販売する戦略的提携関係を持っている。
 コティについての詳しい情報はwww.coty.comへ。
 コティ社についての詳細情報はウェブサイトhttp://www.coty.comを参照。
 (注)北米では販売していない。
 ▽レディー・ガガについて
 レディー・ガガは昨年、世界の文化的舞台で重厚なポップミューミュージック賛歌とファッションの美学を爆発させた。レディー・ガガのデビューアルバム「フェーム」は、世界中で1300万枚以上が売れるなど5000万枚以上のシングルを売り上げており、過去10年間で最大のスターミュージシャンとなった。
 彼女はデビューアルバム以来4回にわたってヒットチャート1位を獲得した最初のアーティストである(「Just Dance」「Poker Face」「LoveGame」「Paparazzi」)。彼女はまた、デジタル時代で最初の2つのヒット曲で500万枚のラインを突破した唯一のアーティストでもある。レディー・ガガは、最初のデビューシングル「ジャスト・ダンス」で500万枚以上という偉業を達成した翌年、シングルの「ポーカーフェース」で500万枚を達成してこの記録を作った。
 レディー・ガガのオンライン・ビデオは1億回以上視聴されており、「フェーム」は常時デジタルアルバムでベストセラーとなっている。彼女はまた、ソーシャル・ネットワーキングの世界でも人を釘付けにする役割を果たしている。彼女はフェースブック上で最大の2100万以上の「ライクス」を持つ人物で、ツイッターでも690万人の「フォロワー」がいる。昨年、アルバム「フェーム・モンスター」(フェームのリパッケージ版)のリリース後に、直近のツアーであるエクストラバガンザ「エレクトロ・ポップ・オペラ:ザ・モンスター・ボール」が開始されている。
 レディー・ガガのツアーは、演奏会へ出向く人が大幅に減っている時代にあって、大成功を収めている。グラミー賞を2回受賞(候補には6回)しているレディー・ガガは、また2010年にMTVミュージック・アワードの13回目の候補になるという新記録を達成している。