今年のNHK紅白歌合戦の司会者が3日発表され、紅組は、テレビ小説「ゲゲゲの女房」に出演したピアニストで女優の松下奈緒さん(25)、白組は人気アイドルグループの嵐に決定した。1つのグループによる白組司会は紅白61回の歴史でも初めて試み。
 今年の紅白のテーマは「歌でつなごう」。両軍ともに初めての紅白司会となるフレッシュな顔ぶれで送る。
 紅組の司会を担当する松下さんは、音楽大学を卒業しピアニストとして活動するほか、俳優としても活躍。今年は、連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で、夫と家族を献身的に支えるヒロインを演じ、大きな話題を集めた。
 対する白組の司会を担当するのは、嵐の5人。リリースするCDやDVDは、どれも大ヒット。また5人のメンバーはそれぞれ、映画・ドラマ・舞台・バラエティー・報道の分野においても、幅広く活躍している。昨年は初出場歌手として紅白のステージを踏んだ5人が、今年は司会として、白組を盛り上げる。
 これまでの紅白対戦成績は、昨年の白組勝利で、紅28勝、白32勝。果たしてどちらに勝利の女神は微笑むか。