et-20101102-03.jpg
腐男塾とともに上海万博のフィナーレを飾ったヲタクアイドルユニットの中野腐女シスターズ
 開催期間中7000万人以上の動員を記録し、入場者数が「史上最大」と報じられている上海万博。さらに日本産業館では、550万人以上の来館者を記録した。前日からの徹夜組が長蛇の列をなすほど人気・関心が非常に高い日本産業館。
 その日本産業館JAL STAGE でのRemember Liveに芸人『はなわ』の遠い親戚である『ジャジィはなわ』プロデュースによるヲタクアイドルユニット『中野腐女シスターズ(なかのふじょしすたーず)』、『腐男塾(ふだんじゅく)』が招聘され、29(金)、30日(土)と2日間にわたり日本のアーティスト代表として、フィナーレに相応しいライブを行った。
 腐男塾として今年7月にアジアデビューを果たし、アジアでのライブは香港では2度あるが、上海では今回が初となるライブ開始前には、地元ファンから中野腐女シスターズ、腐男塾コールがまき起こる。
 そんな熱狂ムードの中、冒頭のMCで「大家好!阿拉是中野腐女姐妹(ダガハオ!アラスゾンヤフニュジャメイ(日本語訳:こんにち波!わたしたち、中野腐女シスターズです。))と上海語で挨拶、「この上海万博のフィナーレでライブさせて頂く事を大変光栄に思っております。」と中野腐女シスターズのリーダー;乾曜子がコメント。
 その後に出演した腐男塾が11月24日(水)に発売する新曲「同じ時代に生まれた若者たち」を含む27曲、計180分のライブを3ステージ行い、上海のみなさんに日本のカルチャー、アイドル代表としてアニメ、ヲタク文化のパフォーマンスを見せつけ、フィナーレライブを熱狂させた。
 ラストステージでは地元上海の観衆からアンコールが沸き起こり、感動した腐男塾メンバーの赤園虎次郎は「寒い中、オレたちを応援してくれて、本当にありがとう!!上海の皆さんは本当に暖かいです。みんな愛してるよ!!」と、コメントし、地元観衆の前で再会を熱く誓った。