歌手の宇多田ヒカル(27)が24日にツイッターでつぶやいた内容が波紋を広げている。年内をもって音楽活動を一時休止する宇多田は11月24日に一先ずの区切りとなるベストアルバム「Utada Hikaru Single Collection Vol.2」と、海外活動の際に使用するUtada名義のベストアルバム「Utada the best」を同時発売するが、このUtada名義のベストアルバムが発売されることについて痛烈に批判をしたのだ。
 宇多田は24日深夜にツイッターで「Universal Japanから発売が発表された『Utada the best』ですが、私の意志とは全く無関係であり、EMIの宇多田ヒカルのベストと同日に発売をぶつけてきた彼らのやり方にもあまりいい印象を持てません。予約を考えている人は、少し待ってください」、「売れなかったら叩かれるのは私なんですけど、正直なところ、ファンにお金を出させたくない、全く心のこもっていないモノです。未発表のものは何も入っていません」とつぶやき、各メディアで報じられ、波紋を広げた。
 その後、宇多田は25日正午すぎにブログでコメントを発表。「Utada Hikaru Single Collection Vol.2」については「内容は過去6年間のシングルと『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』で使われたBeautiful Worldのアコースティックミックス、それに渾身の新曲、5曲!夏にEMIと決めて、がんばって作ってきたんだ。早くみんなに届けたいよ」と綴った一方で、
 「Utada the best」については「でここにきて急に、英語でUtada名義でやってきたUniversalから“Utada the best”なるものが出ると聞かされました。なんと、同じ発売日にぶつけてきたの。宇多田ヒカルのシンコレ2の発売に、便乗するという商法です。"Utada the best"は私の意志とは無関係のリリースです。新しい素材も入っていないし、心のこもっていない「商品」です。売れなかったら落ち目だとか叩かれるのは私だけど、正直、ファンにお金を出させるのは心苦しい。Utada名義の過去作品を持っている人は、そのbestは買う必要は無いよ、と言いたい」と痛烈に批判した。
 更に「音楽を扱っているとは言え、レコード会社だって利益を出すことが目的の『会社』です。そこは充分理解して、私はパートナーとして、レコード会社が苦しい時は相談に乗るほうなのです。話し合って、私にとってもファンにとってもレコード会社にとっても納得の行く価値ある内容にできるならば、こういったbestモノのリリースだってサポートします」と示した上で、「今回のUniversalによる“Utada the best”の発売は、そんな私から見ても、とても残念な決定です。せめて発売日をずらすとか、内容をもっと良くしてファンが喜ぶような出し方をするとか、必死に働きかけてみましたが、今のところ、どうにもなりません」と記述。
 そうしたなかでも「リリースはあくまでも上層部の決断であって、現場で働いているUniversalの社員の皆さんには、何もいやな気持ちはないです。私の発言が宣伝を担当してる方を困らせているかもしれません。ごめんなさい」と配慮した。