et-20101004-03.jpg 札幌出身のアコースティックデュオ「ひいらぎ」が4日、兵庫県のデイサービスセンター「リハ・ステップ」で出張ライブを行った。
 自身の公式サイトで「背中を押してもらう為に出張ライブに来てほしい方」を募集したところ全国各地から応募があり、そのなかから「私が退職したリハビリセンターに通っていたおじいちゃん、おばあちゃんに、感謝の気持ちを伝えたい」と寄せた同県在住の大山淑美さんが当選した。
 ライブは約40名の施設利用者(60~90代)と施設スタッフの前で行われ、新曲「裸」(22日発売)を始め、「なごり雪」のカバーなどを披露。二人の感情がこもった歌声に観覧者からは拍手が巻き起こり、なかには口ずさむ姿もあった。
 ボーカル&ギターの千晶さんは「大きな場所よりも、色々なところを細かく周りたい」と日頃から話しており、今回の出張ライブは本望。コーラス・ギターの恵梨香さんも「このような機会を与えてくれて本当にありがとうございます」と話している。
 ひいらぎは27日には、ファーストアルバムとなる「地平線と秋の空」をリリース、そして29日からは、東京、大阪、北海道をまわるワンマンライブの開催が発表されている。