et-20100929-03.jpg 10月13日にリリースされるGIRL NEXT DOORの新曲「Ready to be a lady」のミュージックビデオが公開された。
 「みんなに一緒になって踊ってもらえるような楽しいビデオにしたい!」というメンバーの願いから、PVでは、遊園地で楽しげに踊り歩くボーカルの千紗さん達のまわりにどんどん仲間達が増え、最後には400人による壮大なダンスシーンで終わるといった内容。
 今回、最後の400人というダンスシーンを撮影するためにエイベックスグループが展開する「ダンスマスター」というダンサーネットワークが全面サポート。千紗さんはこのダンスマスターの母体ともなる、エイベックス・アーティストアカデミーの出身で、今作はいわば仲間や後輩達と一緒に作り上げたビデオとなった。
 この400人のダンスシーンは10テイク以上を経て納得のいくところまで撮影。OKテイクが出た直後は大歓声が上がると共にメンバー全員から協力してくれた400人のダンサーに御礼の挨拶と記念撮影が行われた。
 尚、今作の400人ものダンサーが参加するPVは前例がなく、近くギネスに正式に申請、受理されることとなっている。
 今回の楽曲「Ready to be a lady」は29日より着うたの配信もスタートしている。