日本での活動が休止となった東方神起のメンバー、ジュンスさん、ジェジュンさん、ユチョンさんの3人が、来月に、世界に向けてニューアルバムを発売することが分かった。28日、聯合ニュースなどの韓国主要メディアが報じた。3人が日本と韓国以外の国々でアルバムを発売するのは今回が初めて。
 アルバムには、米ヒップホップ兼プロデューサーのカニエ・ウェストさんとロドニー・ジャーキンスさんらが制作に携わっており、現在、完成へ向けて終盤に入っているという。また、アルバム発売に合わせてユニット名も名づけることを検討しており「Beginning」の意味が含まれた「B1」やメンバーの名前の頭文字を取った「JYJ」などが候補に挙がっているという。
 今回の海外展開に対して3人は、ソウルで行われる主要20カ国・地域(G20)首脳会議公式ブログでのリレーインタビューを通じて「海外ファンは僕たちの歌だけでなく、韓国に愛情を持ち、応援してくれているのだから、韓国を代表する歌手として、海外活動に特に責任を感じる」との考えを示した。
 3人は現在、韓国の所属事務所であるSMエンターテインメントと専属契約を巡って紛争中であり、韓国や日本での活動は休止状態となっている。そのため、今回のニューアルバムを足掛かりに、活動再開を目指すようだ。