et-20100924-04.jpg 人気ユニットのmihimaru GT(ミヒマル・ジーティー)が23日、京都・第一会館ホールで、ツアーファイナルを迎えた。ボーカルhirokoさん(26)の体調不良によって延期となっていた公演だけとあって、hirokoさんの元気な姿を確認した会場は「おかえり」コールで出迎えた。
 ステージに2人が登場すると、会場は割れんばかりの大歓声に包まれた。その熱気に応えるように、開始早々からアップテンポなナンバーを次々と披露。完全復帰を果したhirokoさんは「揺れろ!」と煽り、テンションは最高潮に達した。
 「~University of mihimaru GT☆mihimalogy実践講座!!~」と銘打った今回のライブは「ミヒマル大学」の校長がhirokoさん、生徒は観客という設定で行われ、ライブの構成も1限目、2限目と呼ぶなど、徹底した“学校ぶり”で大きな盛り上がりを見せていた。
 MCでは、hirokoさんが体調不良で公演が延期なっとことを謝ると、客席から「おかえり~」と温かい声で迎え入れられた。来月、誕生日を迎えるmiyakeさんには、突然「ハッピーバースデー」の合唱が観客から起こるなど、mihimaru GTとファンの間の強い絆が伺えた。
 この日は、mihimaru GTラジオ番組「ラジマルGT」でmihimaru GTと一緒にパーソナリティを務める古坂大魔王が登場。お笑い界でもその才能を絶賛される古坂大魔王のトークで会場は笑いの渦に巻き込まれ、その勢いのままに「ドス恋」を共に披露。ツアーファイナルに華を添えた。
 代表曲の「気分上々↑↑」やアルバム『mihimalogy』に収録されている「道しるべ」、「Love Letter」を含む全21曲を披露。ライブ恒例のJUMPや、タオルを振り回すパフォーマンスでmihimaru GTらしいパワフルなパフォーマンスを見せたかと思うと、hirokoさんの伸びやかな透明感漂う声でバラードを披露するなど、ライブの間中、会場全体の心を離すことなく魅了していた。
 このツアーの模様が収められたDVDが9月22日にリリースされることが決まっている。また毎年恒例になった年末ジャンボ宝イヴ’10の開催が東京、大阪にて2日間開催することが決定している。