共同通信によると、米最大のビデオレンタルチェーン「ブロックバスター」が経営破綻(はたん)する見通しが強まった。インターネットの普及により、家庭で映画などのコンテンツを手軽に鑑賞することができるようになったため、同社の顧客数は激減したようである。
 報道によれば、同社の負債額は約9億ドル(約765億円)。日本の民事再生法に相当する連邦破産法第11条を申請して経営再建を目指す考えだという。