et-20100923-04.jpg シンガーソングライターの中村中さんが22日、通算4枚目となるアルバム「少年少女」を発売。同日午後10時22分からネット配信「USTREAM」を使った生中継番組に出演。同アルバムの魅力を語った。
 同作は、中村さんにとって1年9カ月ぶりとなるオリジナルアルバム。「家出少女」と「不良少年」の2人を主人公に、悪辣な大人たちや、自堕落な女、彷徨う魂を抱えた少年など、数多くの人物が登場する「青春」をテーマにした群像劇。
 1曲目から聴けば「家出少女」の物語として、また、最終曲から逆に聴くことで「不良少年」の物語とも読むことができ、聴き終えた後にリスナーは、それぞれの「光」を見出すことになる「残酷で傲慢で純粋」な物語を、全11曲で構成するコンセプトアルバム。
 アートワークは、画師でもある東學が担当し、ミニポスター付きスペシャルパッケージに仕上がっている。