et-20100921-02.jpg 沖縄出身の女性歌手Manami(まなみ)さんが、12月4日公開の映画「武士の家計簿」(堺雅人さん、仲間由紀恵さん出演、森田芳光監督)のイメージソングを歌うことが決定した。映画は、磯田道史さん原作の「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」。2003年4月発売にされ、20万部セールスを記録した大ヒット作品で、新書初の映画化となる話題作である。
 一方、Manamiさんは、ファレル・ウィリアムスさん、NIGOさん主催オーデション「STAR BAPE SEARCH」でグランプリを獲得し、昨年リリースしたデビュー作品では世界23カ国で同時配信するなど本格派シンガーとして業界内外から注目されている。22日にはシングル「Miss Little Voice」をリリースする予定。
 今回のイメージソング起用について同映画の元持昌之プロデューサーは「Manamiさんの独特の『声』と『詩』には以前から注目していました。彼女の持つ世界観には『愛』があります。映画に必要と考えたのは『絆』をつなげて行くと云う事でした。Manamiさんは、その才能で大島ミチル作曲の劇中曲を見事に活かして下さり、そのメッセージを想起させてくれる、素晴らしい歌ができたと思っています。映画と共に、この曲の持つ温かさが、一人でも多くの人に伝わればと願っています」と絶賛している。