DSC02157.jpg カップヌードル(日清食品)生誕39年を記念したTOKYO FMの特別番組「HOLIDAY SPECIAL 39th Anniversary」の公開生放送が20日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、テレビCMとゆかりがあるGLAY、中村あゆみさん、内田恭子さん、ゴスペラーズが登場した。
 久々の公開生放送にTAKUROさんは「緊張します」とにやけながらも、トークが、11月からスタートするライブツアーにおよぶと「ホールツアーは演出がほとんど出来なく、バンドの力が重要になるので、自分たちが何をやりたくて函館から東京に出てきたのか、そして演出なしでバンドとしての力を出せるかを測れるから、すごく大事にしていますね」と熱い思いを語った。
 カップヌードルと同い年のGLAYのTERUさんはカップヌードルの思い出について「小学校のときにスキー学校通っていて、お昼のお弁当とプラスしてカップヌードルを食べていました。雪山で食べるとすごく美味しいんですよ」。HISASHIさんは「スキー場だと自動販売機からお湯がでるんですよ。失敗すると親指にジャって掛かるんですよ(笑い)」とそれぞれエピソードを語った。
 また、現在放送されているカップヌードルのテレビCMで披露している「HOWEVER」の替え歌についてTERUさんは「実際に歌っているのか?と質問されることが多いのですが、それは内緒です。もしかしたらコロッケさんが歌っているのかも」と明かすと、すぐさまTAKUROさんから「それはない」とツッコミが入った。
 この日は8日に発売となった新曲「Precious」(プレシャス)をサプライズで披露。会場に集まったファンを魅了した。