米歌手マイケル・ジャクソンさんの死亡は、体調不良にもかかわらずコンサートに向けてリハーサルを強要したためだとして、母のキャサリンさんが16日、公演を企画したAEGライブを相手取ってロサンゼルスの裁判所に訴訟を起こしたことが分かった。17日、米CNNなどが報じた。
 CNNが報じた訴訟内容によれば、マイケルさんは死に至る数日間前から健康状態が悪化していたにも関わらず、AEGの最高経営責任者が自宅などに訪れリハーサルを強要させたという。