保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優(歌手)の押尾学被告(32)に対して、東京地裁は懲役2年6月の実刑を言い渡した。時事通信などが17日、報じた。
 押尾学被告は、合成麻薬MDMAを一緒に使い容態が急変した飲食店従業員の女性(当時30)に救命措置せず、死亡させたとして保護責任者遺棄致死などの罪に問われていた。