et-20100915-02.jpg エイベックスは16日、活動休止中の東方神起のメンバーで、新ユニットを結成するなど独自の活動を進めてきたJUNSU(ジュンス)さん、JEJUNG(ジェジュン)さん、YUCHUN(ユチョン)さんの日本でのアーティスト活動を当面、休止することを発表した。
 エイベックスによれば、3人の日本におけるマネジメント業務を行っていた韓国企業「C-jesエンターテインメント」の代表が、担当アーティストを恐喝したとして強要罪で実刑判決を受け、服役していたことが明らかになった。また、韓国で係争中の3人の専属契約確認訴訟の進展により、専属契約自体が無効とされる可能性が高まったという。
 このためエイベックスでは「これらの問題が解決されない限り、彼らのアーティスト活動をマネジメントするべきではない」と判断。3人の日本における活動を当面の間休止することを決定した。
 また、東方神起5人との契約については、韓国の所属事務所であるSMエンターテインメントのマネジメントのもとで、変更はないとし、更に「一貫して申し上げておりますとおり、東方神起のアーティスト活動が再開できますよう、今後も全力を尽くしてまいります」とコメントしている。