9月14日のグーグル急上昇ワードは、作曲家でピアニストの「窪田ミナ」さんがランクインした。NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の楽曲を手掛けた窪田さん(38)はこの日、放送された同局「スタジオパークからこんにちは」で紹介され、放送直後から検索数が上昇。最終的にその日の2位を記録した。
 公式ホームページによると、窪田さんは福岡生まれ。1983年に米ワシントンのケネディーセンターで開かれたコンサートに出演し、ロストロポービッチ氏指揮のもと米ナショナル響と自作曲を共演。その翌年、作曲演奏活動が認められ、北九州市民文化賞を受賞した。
 その後も同氏やロベルト・ハネル氏、小林研一郎氏、外山雄三氏、小泉ひろし氏、黒岩秀臣氏などと国内外のオーケストラと、米国、英国、フランス、ドイツ、メキシコ、イスラエルで共演。
 高校卒業後は、奨学生として英国王立音楽院の作曲科及び、商業音楽科に入学すニック・イングマン氏、クリス・ブラウン氏に師事、94年卒業。英国王立音楽院大学院に進み翌年卒業。在学中にLansdown Awardを受賞、Eric Coats Prizeのファイナリストに選ばれた。
 英国内で、ポップスからクラシックまで幅広いフィールドのアーティストの作品に参加。2001年拠点を日本に移し、作曲、編曲、プロデュースの他ピアニストとしても活動している。