et-20100915-07.jpg 歌手KG(ケージー)のファーストシングル「どんなに離れても duet with AZU」の着うたフルが先行配信された。この曲はソウル、R&Bテイストの濃いKG作品の中でも、特にセツナさとPOPテイストの要素がある曲で、恋愛する人ならきっと心に刺さる一曲。
 先週レコチョクで配信開始した着うたは、ファーストシングルのリリースを迎える新人アーティストにも関わらず、嵐、倖田來未、EXILE、JUJUという強豪に次いで5位に付け、有線8月度のJ-POPお問合せチャートで1位を獲得そいた。
 KGの武器は何といっても声。昨今の着うたアーティストとは一味違うボーカルのオリジナリティとテクニックを持っており、楽曲への評価が非常に高い。実際15歳から単身アメリカにわたり、帰国後もアンダーグラウンドで活動し、どんな状況でも心を込めた歌を届けたいという熱いハートをもっている。どんな曲にも妥協しないスタンスが、デュエット参加した女性アーティスト達にも伝わり、KGの特設HPには、これまでに参加したMay J.、MAY’S、Tiara、菅原紗由理、AZU、Sowelu他の実力派シンガーからの熱いメッセージが寄せられていて、彼のアーティストとしての魅力と人間性を感じることが出来る。
 また、これまでのミュージッククリップに出演してきた女優の桐谷美玲、元あいのりメンバーの桃、クロ、やまじからも熱いメッセージが寄せられている。JJモデルのトリンドル玲奈と俳優の加藤慶祐が主演したクリップも話題を呼び、Youtubeでも高回転を記録中だ。