シンガーソングライターの鬼束ちひろさん(29)が先月、東京都渋谷区の自宅マンションで知人の男から殴られ、全治1カ月の怪我を負っていたことが13日、分かった。主要メディア各社が同日報じた。

 報道によれば、鬼束さんは8月18日午前6時ごろ、自宅マンションで知人の男に顔などを殴られ、その後、マンションの管理人から通報の事件が発覚。警視庁渋谷署の署員が駆けつけたが、男はすでに現場から立ち去っていたという。

 男は現在も所在が不明で、同署では傷害容疑で逮捕状を取り、行方を追っている。

 鬼束さんは2000年にメジャーデビュー。セカンドシングル「月光」はテレビ朝日系ドラマ「TRICK」の主題歌に起用され、約60万枚のセールスを記録する。01年には初アルバム「インソムニア」で約150万枚を売り上げミリオンセラーを達成。その年には楽曲「眩暈」で第43回日本レコード大賞に輝いた。08年に体調不良で活動休止するも、翌年3月に活動を再開。現在も実力派シンガーとして人気を集めている。