et-20100911-06.jpg ロッテの人気商品「クールミントガム」が発売50周年を迎え、28日からリニューアルされ、発売される。新キャッチフレーズは「お口の中に風が吹く」。品質を「清涼感」・「味の厚み」・「持続性」、現代の嗜好に合わせた3つのポイントに変更される。
 清涼感は、表面に香味物質を塗布する新製法により、噛み始めからミントの爽快感が味わえる。味の厚みは、香料の配合を調整することにより、ミントの味わいとメントールの爽やかさがそれぞれ楽しめる。持続性は、高甘味度甘味料を増量し、味が長続きする。
 そのほかの「グリーンガム」、「ミントブルーガム」、「フリーゾーンガム(ハイミント)」、「フラボノガム」、「ブラックブラックガム」は、表面部にメントールパウダーを塗布し、噛み始めから爽やかなミントの広がりが際立ち、清涼感がアップ。
 「ブルーベリーガム」、「梅ガム」、「フリーゾーンガム(レモン)」については、表面部にフルーツフレーバーパウダーとサワーパウダーを塗布し、噛み始めは酸っぱさが際立ち、噛んでいくごとに甘酸っぱさに変化する内容とした。