et-20100908-03.jpg 元読者モデルで足に1億円の保険をかけたことでも話題のアーティスト、mini(25)が、4日に開催された最大級のファッションフェスタ「東京ガールズコレクション」で歌唱。miniとしては初めて公の場に姿を披露した。これまで公の場に登場することは一切なく、CMやミュージックビデオのみでしか、本人を見れない状況であった。
 9月1日にリリースされた2ndシングル「GiRLS SPiRiT」はテレビ朝日プロマーシャル「クリスピーサンド」、FUJIFILM「FinePix Z800EXR」のCMソングとして8月10日よりオンエアがスタート。オンエアが増すごとに問い合わせが殺到した。
 CMが最大露出された8月31日~9月4日の週では、着うたフルが49位(9/1付け)→29位(9/2付け)→22位(9/3付け)→19位(9/4付け)とチャートを着実に上昇。USENリクエストチャートでも、9月1日付けチャートで、圏外から一気に15位、更に本日9月8日付けチャートでは4位にまでランクアップするなど、CMの反響を受け、各チャートを駆け上がって来た。
 東京ガールズコレクションはminiにとって初となるステージ。当初、ランウェイモデルとしての出演だったが、CMを見たブランド関係者の判断と直感で急遽アーティスト・miniとしての歌唱出演に内容を変更。+Rich(プラスリッチ)のステージで約3万人の前でシークレットゲストとして約3分に及ぶライブパフォーマンスを披露した。
 AKB48や西野カナ、サーターアンダギー、May J.らトップアーティストが会場を盛り上げる中、miniの出演はオフィシャルでは一切発表されていないため、miniの登場に会場はどよめく。そんな中、新曲「GiRLS SPiRiT」を堂々と歌い上げた。最初は戸惑いを見せた観客も、徐々に手拍子をしたり体を揺らし始める。歌唱後は、歓声と拍手に包まれた。
 miniも「TGCで歌うのは私の1つの夢。初ライブをそんな凄いステージで披露出来て最高に幸せでした!!」と感慨深げにコメント。初のステージが約3万人を前にしたビッグイベント、更に着うた、有線も絶好調と、夢の階段を一歩ずつ登り続けているmini。今後の活動にますます期待が高まる。