深田恭子
号泣シーンに挑戦した深田恭子
 3人組ユニットRAM WIRE(ラムワイヤー)の新曲「秘密」PVに、女優の深田恭子さんが出演したことが分かった。深田さんにとっては他のアーティストのPVに出演するのは今回が初めて。出演映画「恋愛戯曲」(25日公開)からのスピンオフ的な内容で、深田さんは劇中の谷山真由美を演じ、切ない大号泣シーンに挑戦した。
 深田さんのPV出演は、RAM WIREの新曲「秘密」が映画「恋愛戯曲」の主題歌に起用されていたことから、RAM WIRE側が出演を依頼したところ快く引き受けたという。PVでは、深田さん演じる崖っぷち脚本家・谷山真由美が自分自身の恋愛経験(秘密)をもとに連続ドラマの脚本にした、映画のスピンオフ的な内容。好きな人に伝えられない恋心を深田さんは、せつなく、そして号泣というがかたちで演じきった。
 深田さんは撮影を振り返り「PVのストーリーはこういう愛し方もあるんだなっていう風に、すごく新鮮でした。せつないけれども、強い想いっていうのを、演じていても、曲を聴いてもすごく感じました。ドラマや映画とも違って、短い構成の中で、泣くシーンがいきなり来て、ぱっと涙を流すというのが大変でしたが、その世界観の中に入って演じました」とコメントした。