et-20100907-05.jpg 東京都出身のエモーショナルロックバンドのBIGMAMA(ビッグママ)が10月6日に、コンセプトアルバム「Roclassick(ロックラシック)」をリリースする。収録されている全ての楽曲は「クラシックの名曲・名フレーズ」をもとに制作。
 BIGMAMAにとっては、サードアルバム「and yet it moves~正しい地球の廻し方」以来1年ぶりの新作。“ロック×クラシック”をテーマに制作された7曲入りのコンセプトアルバムであり、バイオリンロックといわれる特徴を最大限に活かしたアルバムとなっている。
 収録される全楽曲にミュージックビデオと絵画が制作されている。収録曲は次の通り。
 <1>走れエロス(ヴィヴァルディ『春』)、<2>虹を食べたアイリス(ベートーヴェン『運命』)、<3>テレーゼのため息(ベートーヴェン『エリーゼのために』)、<4>英雄を抱いてマリアは眠る(バッハ『フーガト短調』他)、<5>ツルギが無い(ハチャトゥリアン『剣の舞』)、<6>荒狂曲“シンセカイ”(ドヴォルザーク『交響曲第9番“新世界より”』)、<7>計算高いシンデレラ(パッヘルベル『カノン』)、<8>チャラララーンの歌=ボーナストラック(RX-039のみ収録)。