175R
昨年9月30日・日比谷野外音楽堂で行った原点回帰ライブの模様
 人気4人組ロックバンドの175R(イナゴライター)が年内をもって活動休止することが6日、分かった。同日、公式ホームページを通じて発表されたもので「活動を一度お休みする事を決めました」とメンバーの署名入りで明らかにした。
 175Rは1998年に結成。2003年にメジャーデビューを果たし、デビューシングル「ハッピーライフ」、セカンドシングル「空に唄えば」でオリコンチャート1位を獲得。この年のNHK紅白歌合戦に初出場した。青春パンクの先駆け的存在として人気を集め、その後もヒット曲を出し続けた。一昨年にはデビュー10周年を迎え、その翌年「原点に立ち返る」という意味を込めて、日比谷野外音楽堂で5時間50曲に及ぶライブを行った。
 活動休止についてメンバーは「ネガティブに捉える事なく自分自身を磨く時間になればと思っています。来年で結成12年。ここからでもう一度、一人一人が体力と筋肉をつけていかなくては!」とコメント。活動再開時期については不透明であるとしながらも「今後もメンバーそれぞれが175Rの一員として活動する事になりますので、その時はどうぞよろしくお願い致します」と理解を求めた。
 この休止決定を受けて今年12月に東京、名古屋、大阪、福岡でツアーを開催することが発表された。メンバーは「沢山の笑顔に会えることを願って!」とコメントしている。