et-20100901-02.jpg サッカーW杯南アフリカ大会で時の人となった駒野友一選手(Jリーグジュビロ磐田)が、レゲエ歌手PUSHIM(プシン)さんの新曲ミュージックビデオに出演したことが1日、分かった。
 駒野選手のひたむきなプレースタイルに感動を覚えたPUSHIMさんが「未来へ向かって歩き出すことへの誓い」をテーマに作曲。駒野選手にミュージックビデオへの出演を依頼。駒野選手自身「歌詞を聴いたときに自分の今の気持ちがそのままだった」と感じ、快諾した。
 撮影は8月上旬。真夏の蒸せ返るような暑さの中、ジュビロ磐田の練習グラウンドにて撮影を決行。黙々とハードなトレーニングを続ける駒野選手を、ドキュメンタリーでカメラに収め、撮影には、磐田市民や子どもたちも全面協力の下撮影となった。
 このビデオはPUSHIMさん公式サイトで視聴が出来る。
 同曲は、「今日を生きるすべての人へ」送るラブソングとなっている。ジャパニーズR&B実力派シンガーのMIHIRO(マイロ)さんを迎え、勇気をもらえる本物の「歌」を表現。プロデュースは、PUSHIMさんの曲「a song dedicated」「ルネサンス」などを手掛けてきた森俊也さんが参加した。