et-20100823-032.jpg 石野卓球が主宰する屋内レイヴ「WIRE10」が28日に、横浜アリーナで開催される。これまでに主宰のTAKKYU ISHINO(石野卓球)をはじめ、JEFF MILLS、ケンイシイ、HELL、RADIO SLAVE、など全22組の出演が決定しているが、新たにBLUE MAN GROUP(ブルーマングループ)のゲスト出演が決定した。
 今回、ブルーマンは、WIRE10の大トリをつとめるデトロイト出身のアーティスト、ジェフ・ミルズ(JEFF MILLS)のパフォーマンスの中で、コラボレーション・アクトとして参加する。
 ロングランのニューヨーク公演はまもなく20年目を迎え、ジェフ・ミルズの活動拠点であるシカゴでも、13年目を迎えるブルーマンシアターを展開している彼らが、日本最大級の屋内レイヴ「WIRE」というスペシャルなステージで「ターンテーブルの魔術師」という異名をもつジェフ・ミルズと一体型のパフォーマンスを繰り広げる。=写真・JAMES PORTO=