et-20100823-01.jpg シンガーソングライターの川嶋あいさんが20日、国際フォーラムホールA(東京)で、単独公演を行った。「8月20日」は川嶋さんにとって特別な日でもある。毎年、渋谷C.C.Lemonホール(旧・渋谷公会堂)で開催してきたが、デビュー7周年を迎えた今年は、過去最大のキャパシティとなる5000席を保有する国際フォーラムで開催。超満員のファンを前に約2時間半にも渡るステージを繰り広げた。
 川嶋さんはライブ前のインタビューで「緊張感でゾクゾクする、場所が変わっても大切な日には変わりない、全力で」と意気込みを語り、ライブの演出にも拘り、今回は新しい試みに挑んだ。バックスクリーンにストーリー性を持たせた映像を使用し、デビュー前の路上ライブを彷彿させる演出を冒頭で組むなど、デビュー7年間の軌跡を辿る形で川嶋あいさんを表現している。
 アンコールには12月発売予定の新曲「I Remember」を披露。今作は海外アーティストコラボレーション楽曲第二弾となる、Joe Sampleプロデュースの作品である。川嶋さんはJoe Sampleとのコラボレーションに関して、彼の人柄を「あったかい人」「レコーディング中に夜8時に眠いから帰っちゃうような、穏やかな空気感を持った人でした」と話し、「ため息が出るくらい素敵な空間の中、海を越えて鳴り響いた作品になりました。」と楽曲をアピールした。
 ライブのラストはこの日恒例の「・・・ありがとう...」で締めくくり、涙を流しながら幕を閉じた。