【ミュンヘン(ドイツ)19日PRN=共同JBN】「シーメンス・フェスティバル・ナイト2010」は、世界中のオペラファンにワグナーのオペラ「ワルキューレ」を提供する。すべての国のあらゆる世代のファンは、インターネットのリアルタイム・ウェブストリームにより、リヒャルト・ワグナーのオペラを鑑賞できる。オンデマンドの事前登録者に対する「ワルキューレ」の提供は、8月22日から9月5日まで。鑑賞者はパソコンの機能によっては、高解像度の映像やサラウンドサウンドも楽しめる。
 このリアルタイムのウェブストリームを利用するには、ウェブサイトhttp://www.siemens.com/festivalnightにアクセスし、14・90ユーロ(クレジットカード、クリックアンドバイ(ClickandBuy)、ペイパル(Paypal)による支払い可能)を支払う。サービスの開始は2010年8月21日午前4時(CEST=中央欧州時間)から。英語とドイツ語による電話サービス(+49(0)40―646―046―627)は、毎日午前8時から午後10時まで。8月20日から22日は24時間対応する。
 シーメンス・フェスティバル・ナイトはことし初めて、バイロイトのパブリックビューのイベントで2つのオペラを届ける。午後4時からの「ワルキューレ」のリアルタイム放映に先立って、午前11時30分からワルトブルグで開かれる子供オペラ「タンホイザーと歌手」のコンテストを、90平方メートルの発光ダイオードの特大画面で映し出す。子供向けの特別行事も開かれる。「オン・ザ・ワグナー・アドベンチャー・トレイル」では、子供たちが体験を通して、ワグナーのオペラを知り、楽しめる。
 フェステバル・ナイトはシーメンスとシーメンス財団が共催する。あらゆる世代のすべてのワグナー・ファンは、ベテラン、初心者を問わず、スクリーンとインターネットの前に集うことになる。