et-100817-08.jpg 全米でアルバムセールス250万枚の記録を持つカナダ歌手のジャスティン・ビーバーさん(16)が18日に、シングルをリリースする。収録曲の「ネヴァー・セイ・ネヴァー feat. ジェイデン・スミス」は、ジャッキー・チェンとジェイデン・スミスが主演する話題の映画「ベスト・キッド」のエンディング・テーマとなっており日本でも話題を集めている。同リリースに合わせて今回3度目の来日を果すが、ユニバーサルインターナショナルのオフィシャルサイトでは、来日に向けてのコメントが掲載されている。
 ジャスティン・ビーバーさんは、2009年のデビュー以来、米ではアルバム・セールスが250万枚超、世界各国でプラチナム・セールスを記録、8月31日にはマジソン・スクエア・ガーデンで単独公演を敢行する予定。テイラー・スウィフト、マイリー・サイラスなど、世界で活躍する10代アイドルの中でも名実共に一歩抜きん出た存在となった世界のポップ・シーンの新星である。
 今回発売される新曲は、洋楽(欧米)アーティストとしては初の3バージョン同時発売となる。シングルリリースに伴い、今年3度目の来日が決定。この来日にあたり、ジャスティンから喜びのコメントが寄せられており、現在ユニバーサルインターナショナルのオフィシャル・サイトにて公開中である。
 そしてビーバーさんは、今回の来日で、日本のファンのために大掛かりなファンイベントを東京、大阪にて用意した。8月18日に発売されるシングルのいずれかを購入し、応募した人の中から、抽選で総勢777人をファンイベントに招待するという。イベントではスペシャルライブも予定されている上、初来日時のショーケースに引き続き、今回も写真撮影が可能である。
 さらに全3バージョンを全て購入し応募した人の中から約50人をプレミア・ミート&グリートに招待する。。現在、実施中の全米ヘッドライン・ツアーチケットは即ソールドアウト。もはや近づくのも困難なほどの大人気っぷりとも言えるビーバーさんに至近距離で会える最後のチャンスと言えよう。