et-20100808-11.jpg 8月6日(金)、SHIBUYA 109前にて『高校生による高校生のための』超大型イベント「第4回 激アツ祭」が開催された。激アツ祭は、毎年高校生自らテーマを持ちだし、企画・運営・司会進行を高校生が行うイベントで、今年は『美VA!激アツ祭』と題して「美」をテーマに特化したイベントを実施。
 日本初となる高校生によるフェアトレードファッションショーや、社会貢献活動として渋谷の街を美しくする為の清掃活動を行い、激アツ祭当日も朝7時から渋谷の街の清掃活動を行った。またペットボトルキャップを回収して発展途上国へワクチンを援助する活動を実施し、100人分のワクチンを集めた。
 イベントMCには、お笑い芸人ハイキングウォーキングを招き、ゲストには「お盛ん」な女子100名で結成された『夜の宴会素人芸人「あやまんJAPAN」』のメンバーが登場し、司会の女子高生とステージを進めた。
 「女子高生とのイベントはどうですか?」という報道陣からの質問に、ハイキングウォーキングの松田洋昌は「109という、人通りがすごく多い中でやるのが始めてなので、今までと違った緊張感がありますね。
 女子高生と盛り上がっていきたいです」と意気込みを語った。
 また、8月8日(日)に茅ヶ崎で一般女性と結婚式を挙げるハイキングウォーキングの鈴木Q太郎に、あやまんJAPANが結婚祝いと称してボディタッチの多いネタ「ジェットコースターロマンス」を披露。積極的に激アツな絡みを挑んでくるあやまんJAPANの3人に浮気疑惑をかけられ、Q太郎も「明後日結婚するから(この映像は)絶対流さないで!」と報道陣に懇願した。
 イベントでは青木英李など有名ファッション誌モデルや、MAY’S、Lil’B、kumiなどのアーティストが来場者を盛り上げ、フィナーレは、激アツ祭実行委員の高校生総勢35名がパラパラのダンスを披露。
 感動のあまり泣き出す高校生もいた。来場者数は約7000人(公称)と多くの高校生が渋谷に集まった。