et-20100808-09.jpg 韓国ではCD販売枚数の不振が日本より深刻な中、SHINeeの The 2nd Album[LUCIFER]が、発売後17日間で売上10万枚を突破した。
 配信先進国なのもあり、韓国ではCDが5万枚売れたら大ヒット!という中で、2010年に発売したアルバム売上10万突破の記録を打ち立てているのは、SUPER JUNIOR,少女時代に続いての快挙。
 SHINeeは韓国でデビュー2年目。7月19日リリースされたThe 2nd Album[LUCIFER]が各種韓国アルバムチャートから2週連続1位を席巻し、韓国音楽番組では抜群のステージマナーとパワフルなダンスで音楽ファンの支持を受け、アルバム発売後17日間で10万枚以上の売り上げを記録し、その人気ぶりを実感させた。
 SHINeeの人気度は日本本格活動をしていないにも関わらず日本でも急上昇中で、8/2の国際フォーラムホールAでの、来日イベント出演でもチケット入手が困難になったほど。
 そんな好調な中、噂のアルバムThe 2nd Album [LUCIFER]の日本ライセンス盤の発売が2010/9/15 に急遽発売が決定した。
 日本ラインセンス盤では翻訳はもちろん、LUCIFERのMusic VideoとSHINee初!のオフショットを収録したCD+DVD Versionと、メンバーが撮影してきた写真でデザインされたブックレット+“一緒に歌える韓国語読み”も付いた翻訳が入ったCDVersionの2形態でのリリースが決定している!
 また、初回盤限定の2nd ALBUM 『LUCIFER』発売記念キャンペーン」も決定しているので見逃せない。